オープンハウス

 

こんにちわ。保坂です。

先日、空間研究所のオープンハウスがあったので行ってきました。場所は祖師谷大蔵です。学生の時にお世話になったアトリエが祖師谷大蔵にあったので、それ以来久しぶりの祖師谷大蔵でしたが、駅も綺麗になってましたね。

空間研究所 http://www.s-d-s.net/

空間研究所の篠原さんは今国立競技場を設計している隈研吾さんの奥さんです。そうです。夫婦で建築家なのですが、別々で設計活動をしているんですね。夫婦がうまくやっていくためのコツですかね(笑)近づき過ぎず離れ過ぎず(笑)

 

IMG_8089

外観。コンクリートスラブと金属系の板で構成された男くさい外観です。用途は集合住宅。

 

IMG_8090

エキスパンドメタルを多用して外観のイメージを作ってますね。エキスパンドメタルとは鉄の薄い板に切り目を入れて両側から伸ばした建築材料です。

 

IMG_8093

エキスパンドメタルのスクリーンを内側から見た写真です。

 

IMG_8094

エキスパンドメタルと内部手摺の接合ディテールです。すいません。。。専門的で。ただこういうディテールが建築の空間を演出していく小さな要素ですので、実は凄く大事な要素なんですね。

 

IMG_8091

外のような中のような共用部の様子。こんなに豊かに共用部を設計出来るなんて、事業主さんは太っ腹ですね〜(笑)担当者にヒアリングした所、容積率は空いていると言ってました(笑

 

IMG_8092

玄関ドアのデザイン。表札はカッティングシート。インターフォンはむき出しで化粧プレートはなし。予算の都合なんでしょうね。お金をかけなくても出来るデザインがあると思います。お金をかけないから出来るデザインもあると思います。

 

IMG_8099

住戸の様子。住戸は箱の中に箱が入っているようなイメージで構成されています。キッチンがある箱が外の箱。写真右のコンクリートの箱が中の箱のイメージですね。

 

IMG_8101

これが中の箱。用途は個室ですね。

 

IMG_8107

これも中の箱。用途は個室ですね。

 

IMG_8110

これも中の箱。中の箱の開口部と外の箱の開口部をずらして設置する事によって、カーテンやブラインドの類がなくても内部のプライバシーが守られるよう意図されています。ランダムなイメージが面白いですね。

 

IMG_8111

外の箱の縦スリットから共用部を見た感じです。

各空間が伸び伸びと設計されていて、出来た空間も気持ち良いものでしたが、担当者は設計していて楽しかっただろうと思いました。風が抜けて視線が通って太陽があたって、それだけで気持ち良い空間ですが、設計手法によってそれをさらに感じさせるように空間を演出する事もできる設計の仕事って幸せな仕事だと思いました。

保坂

 

category