フローリング

こんにちわ。Ands Design Works 株式会社の保坂です。今日はフローリングの話を少し。床材も多々ありますが、コスト的にも機能的にも一般的な製品はフローリングですよね。今日は少し変わり種のフローリングをご紹介。写真は「IOC」というフローリングメーカーのフローリングです。樹種はウォールナットになりますが加工が少し変わっているんです。床という部位は面積が大きいのでインテリアの方向性を決める大きな要素の一つだと思っています。今日竣工写真を撮影に行った住宅のLDKにはこのフローリングを使用しました。LDK全面に貼り詰めましたので圧巻です。それに個人住宅なのですが、どことなく店舗っぽいテイストもあり楽しめます。樹種はウォールナットですが「突板」という本物の木を薄くスライスしたものを表面に貼っているので濃い部分と薄い部分があり、それが自然の模様になり個性にもなり楽しめます。プリントものの安価なフローリングではこういう個性は楽しめないですね。現在では様々なフローリングメーカーが様々なフローリングを新規開発しています。設計者として商品知識を増やしお施主様の希望に合うようなフローリングの提案ができるように知識とセンスを磨いていきます。今日撮影してきた竣工写真は後日本HPで公開しますので少々お待ちください。圧巻のLDKです。

フローリング