スケルトンリフォームがはじまりました。

IMG_9222

こんにちは、杉田です。

品川区のマンションリフォーム、着工しました。

築年数の古いマンションですが、駅が近く、日当たりの良い物件です。

今回は間仕切りも全て撤去するスケルトンリフォームとなります。

上の写真はほぼ撤去が終わった状態ですが、コンクリートの仕上げが荒々しく、一種不思議な空間都なっています。コンクリート打ち放しは打ち放しなりの仕上げが施されるので、普段一般の方が目にするような「コンクリート仕上げ」とも違った表情をしています。

 

スケルトンリフォームで気をつけるべき一番のことは、「設備」に関する部分です。

構造的に抜けないところ(上の写真の開口になっている部分)は竣工図や現場の壁を「叩いて」みればわかるのですが、設備の位置や配管は解体してみないとわからないことがあります。

IMG_9187

こちらの写真は専門業者(ユニットバス)の方に来てもらい、計画通りのユニットバスが問題なく入るかチェックをしてもらっています。

面積に余裕のある物件でも、空間は少しでも広く取りたいのは誰もが持つ心情です。

今回はほんの少し梁型加工をすることで収めることができました。

IMG_9189

また、設備の中でもより気をつけないとならないのは、「共用配管」です。

これは位置を動かすことも、管を交換することもできません。なぜならマンションのオーナー様のものではなく、マンション全体の持ち物だからです。

よくマンションの図面ないで「PS」や「MB」と書かれている不思議なスペースがあると思います。そのスペースが共用配管スペースとなっている場合が多いです。

小さなスペースですが、洗面所の小さな収納、廊下の本棚などに使いたくなる気持ちもありますが、このスペースは触れることができません。

IMG_9364

「触ってはいけない」共用配管は、上下水道やガス管といった衛生配管だけではありません。テレビのアンテナ配線も、上下階でつながっているため、どこでも好きなところに設置できない場合もあります。

 

ここまではほんの一例ですが、マンションのリフォームはマンションなりの細かいルールと技術・経験が必要となります。もし、スケルトンリフォームを設計事務所にご依頼なさる時は、デザインだけでなく事務所の経験値も勘案なさることをお勧め致します。

 

さて解体が終わったスケルトンリフォーム。完成後には全く違った表情になります。

竣工の際には改めてご紹介させてください。

category