スケルトンリフォームがはじまりました。

IMG_9222

こんにちは、杉田です。

品川区のマンションリフォーム、着工しました。

築年数の古いマンションですが、駅が近く、日当たりの良い物件です。

今回は間仕切りも全て撤去するスケルトンリフォームとなります。

上の写真はほぼ撤去が終わった状態ですが、コンクリートの仕上げが荒々しく、一種不思議な空間都なっています。コンクリート打ち放しは打ち放しなりの仕上げが施されるので、普段一般の方が目にするような「コンクリート仕上げ」とも違った表情をしています。

 

スケルトンリフォームで気をつけるべき一番のことは、「設備」に関する部分です。

構造的に抜けないところ(上の写真の開口になっている部分)は竣工図や現場の壁を「叩いて」みればわかるのですが、設備の位置や配管は解体してみないとわからないことがあります。

IMG_9187

こちらの写真は専門業者(ユニットバス)の方に来てもらい、計画通りのユニットバスが問題なく入るかチェックをしてもらっています。

面積に余裕のある物件でも、空間は少しでも広く取りたいのは誰もが持つ心情です。

今回はほんの少し梁型加工をすることで収めることができました。

IMG_9189

また、設備の中でもより気をつけないとならないのは、「共用配管」です。

これは位置を動かすことも、管を交換することもできません。なぜならマンションのオーナー様のものではなく、マンション全体の持ち物だからです。

よくマンションの図面ないで「PS」や「MB」と書かれている不思議なスペースがあると思います。そのスペースが共用配管スペースとなっている場合が多いです。

小さなスペースですが、洗面所の小さな収納、廊下の本棚などに使いたくなる気持ちもありますが、このスペースは触れることができません。

IMG_9364

「触ってはいけない」共用配管は、上下水道やガス管といった衛生配管だけではありません。テレビのアンテナ配線も、上下階でつながっているため、どこでも好きなところに設置できない場合もあります。

 

ここまではほんの一例ですが、マンションのリフォームはマンションなりの細かいルールと技術・経験が必要となります。もし、スケルトンリフォームを設計事務所にご依頼なさる時は、デザインだけでなく事務所の経験値も勘案なさることをお勧め致します。

 

さて解体が終わったスケルトンリフォーム。完成後には全く違った表情になります。

竣工の際には改めてご紹介させてください。

木造大断面工法の可能性

DSC02171-1

こんにちは、杉田です。

以前からお伝えしていました、木造ラーメン工法による専用住宅が、無事上棟しました。

今回使用している木造ラーメン工法は、stroog社の金物によって実現することができました。

上の写真は、2階リビングからの眺めです。

足場ネットがあり、見えづらいのですが、正面から伸びている道に対して大開口を有することができます。これは木造大断面工法ならではの計画と言えます。

窓の幅が約6.1m、天井高さが約2.8mとなります。

1

同じようにこちらの画像は1階に設けた駐車場です。

これだけ開いた大きな空間は、当然、コンクリート造や鉄骨造ならば容易に作ることができますが、木造とすると、今回の木造ラーメンでないと実現することが難しいです。

アンズデザインワークスが目指す「大きくゆったりとした家」を建てるには大変有効な方法となります。現在プラン提案している3棟の住宅もそれぞれ木造ラーメンでないと実現しづらい大きなリビングや開口を有する計画となっています。

木造ラーメン工法について、詳しくは、下記のサイトを参照くださいませ。

株式会社ストローグ

http://stroog.com/news/#post-6079

 

 

建物を支える地面のこと

img_7644

こんにちは、杉田です。

先日地鎮祭をご紹介した田端の案件、着工を迎えました。

まずは、地盤改良です。

今回の建物は、木造ラーメン構造という、まだ例の少ない珍しい構法で作られます。

木造ラーメン構法については、改めてご紹介致しますが、要は普通の木造よりも建物が重たいのです。

そのため、建物を支える地盤には、より大きな地耐力が必要となります。

地盤改良は、大きく分けて

・柱状改良

・表層改良

・鋼管杭改良

の3種類があります。今回は、「柱状改良」を採用しています。

地面を掘っていくとあるところに硬い地盤が現れます。

今回の建物は、その地盤にコンクリートの柱を何本も立てて、建物を支えます。

一番上の写真のような、地上から見るとコンクリートの円が、地面の中に4m近く埋まっており、「支持地盤」に届いています。

少し離れると、ミステリーサークルのように円が並んでいます。

img_7646

コンクリート柱の工事が終わると一旦埋め戻してしまうので、全く見えなくなってしまいます。

img_7689

この工事、建物を支える工程なので、とても大切です。この地中の柱が支持地盤に届いていないと、昨今ニュースで有名になった横浜のマンションのように、ゆっくりと建物自体の重さで沈んでいき、不同沈下という、恐ろしい自体を招きます。

今回の建物は、全部で43本。見えないけれど大切な工事が終わりました。

北沢1丁目PROJECT

 

こんにちわ。Ands Design Works の保坂です。

現在、Ands Design Works では様々なプロジェクトが同時進行していますが、今日は「北沢 1丁目 PROJECT」の現場状況を少しお知らせします。東北沢駅、池の上駅、2駅から徒歩5分ほどの好立地のプロジェクトです。

 

img_7709

このプロジェクトは、前面道路レベルと家が建つ敷地レベルが4mほどの高低差があります。ですのでその高低差を解消すべくコンクリート土留めを作ります。現地に行った所、3区画のうち、2区画は土留め工事がほぼ終わっている状況でした。

 

img_7706

土ほじくっている所です。大人の土いじりでしょうか。。。笑

 

img_7702

ほじくった箇所に少し水が溜まってました。4mの高低差の造成工事は現地に行くとなかなか迫力があります。

 

img_7701

4mの高低差を転用した地下駐車場です。コンクリートが固まる養生期間を確保しています。丁度お昼時に現地に行ったのですが、地下駐車場の中で職人さんが昼寝してました。日光も遮ぎれて昼寝の場所には良い場所になってました(笑)

 

img_7691

コンクリートの上に手摺を立てるための手摺の支柱穴です。最初から計画しておきます。

 

img_7690

階段見下げ。高さ4mの階段。2mで折り返してまた2mあがります。

 

img_7686

階段見上げ。

 

img_7679

高さ4mのコンクリート土留め。天端にボイド管がささってます。

 

建物の方は現在実施設計中です。また進捗をお知らせ致します。

現場

 

こんにちわ。保坂です。今日は現場レポートです。私たちの仕事は「設計」と「監理」ですので、しっかりした設計をする事は当然の事ですが、しっかりした「施工」がされているかを監理する事も設計をする事と同じくらい大事な業務だと思ってます。

今回は用賀駅徒歩15分の現場をレポートします。

img_7557

外壁は黒いガルバリウムです。この物件では「横葺」という葺き方を採用しました。1Fはモルタル塗り工事が終わって乾燥させるための養生期間をとっています。この後白い吹き付けを吹き付けて仕上げます。

 

img_7565

内部造作の様子です。白いモコモコしているのは断熱材です。「ウレタン吹付」と言われる現在の木造用断熱材で最高グレードの断熱性能を持っています。仮に壁内結露が起こってしまっても、結露や重力による「ただれ」の起きにくい断熱材です。気密性が高い性能を持ちます。しかし、逆に火に弱い特徴もありますが、基本木造ですので仮に火事になってしまった時それぞれの断熱材の火に強いか否かで、大きく建物全体の燃えやすさ燃えにくさに影響が出るでしょうか。。。

 

img_7569

丁度大工さんが施工をしていました。写真ではあまり分かりませんが工事で出る粉が舞ってまして。。。この日は天気が悪く窓が開けれないので大工さんお疲れ様です。

 

img_7572

この家の特徴の一つですが、LDKの吹き抜けの上にブリッジのような小屋裏(ロフト)があります。その上にトップライトをしかけて上から良い感じの光が落ちてました。出来上がりもいい感じの空間になる気配がプンプンしました(笑)

 

img_7578

お施主さんのこだわりのリビングに面する大開口。向こうは大きなテラスになっています。広く天井高さの高いリビング。そこに面する大開口。向こうには大きなテラス。う〜む。。。憧れます(笑)

 

img_7601

外観写真をチラリと。高さが高く4層のように見えますが、実は建築基準法的には二階建てです。私は建築基準法の抜け道を見つけて大きな家を設計するのが得意分野の一つです(爆)外観は今の段階ではまだあまり公開したくないので、横からチラリと。

 

img_7598

外壁のガルバリウム鋼板とモルタル外壁の切り返し部分。一般の方にはあまり深い興味はない箇所だと思いますが、詳細な部分までこだわってのAnds Design Works。丁寧にきめ細かい仕事をしていきたいです。

 

img_7591

特注で作った引き戸の上レール。一般の方にはあまり深い興味はない箇所だと思いますが、詳細な部分までこだわってのAnds Design Works。丁寧にきめ細かい仕事をしていきたいです。← しつこい

 

簡単ですが現場レポートでした。

外壁の話を少し・・・

 

こんにちわ。保坂です。

 

今日は外壁の話を少ししますね。家の中に入ってしまえば建物の外壁はあまり気にならないかもしれませんが、私は個人的に「ファサード」という考え方で、設計活動の中でも非常に力を入れてる箇所なんです。人間で言えば「顔」のようなものだと思っています。

 

しかし実は、木造住宅の外壁で使用する事の出来る外壁材は、思ったより種類ないんです。。。(涙)主なものを簡単に長所短所と共にご紹介していきます。

 

① サイディング

長所:比較的安価。耐久性に優れる。狭い現場でも施工可能。種類が多い。雨天施工可能。

短所:外壁に目地が出る。高級感や重厚感が出にくい。深いこだわりに対応しにくい。

② モルタル + 吹付

長所:高級感や重厚感を出せる。色や質感のバリエーションが豊富。深いこだわりに対応しやすい。外壁の目地がない。比較的安価。

短所:将来的なクラック(ヒビ割れ)。重量。雨天で施工出来ない。

③ ガルバリウム鋼板

長所:メンテンスフリー。独特のワイルドな表情の演出が可能。耐久性。軽量。

短所:高価。職人さんの腕に左右されやすい。雨水処理に若干の難アリ。使用できる地域に制限アリ。

④ 木

長所:軽量。経年変化を楽しめる。独特の味わいのある表情。

短所:高価。メンテナンス要。使用できる地域に制限アリ。

⑤ タイル

長所:高級感のある独特の表情。耐久性。色や質感のバリエーションが豊富。

短所:かなり高価。メンテンス要。将来的なクラック(ヒビ割れ)。重量。

 

東京都内で使用頻度の高いであろう外壁材からご紹介してみました。それぞれ特徴やその地域で使用出来るもの出来ないもの、お施主様のご希望、など色々ありますので、一番最適なものをご紹介していきたいと思っています。上記の5つは総称であって、実際はその中にかなりの種類の製品はありますので。

 

下の写真は先日竣工しましたお宅です。こちらの外壁は「ガルバリウム鋼板」です。ガルバリウム鋼板は「貼る」事を専門用語で「葺く(ふく)」と言います。一言で「ガルバリウム鋼板」と言いましても様々な葺き方があるんですね。下の写真は「横葺き」です。葺き方によって様々な外観のイメージをつくりだす事ができますので、面白い材料の一つだと思っています。

 

%e5%a4%a7%e9%b6%b4%e9%82%b8_001%ef%bc%88%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e6%b8%88%ef%bc%89

ヘリムボ〜ン

 

こんにちわ。Ands Design Works の保坂です。

今日は床材のお話しです。そうです。フローリングです。床は面積が大きい「面」なので、その空間のイメージを決めるのに大切な役割を果たします。

最近は様々なメーカーから色んなフローリングが出ていますので、下記に一例を示しますね(メーカーのまわしものではありません。。。(汗))。

 

マルホン 無垢に強いメーカーです。金額は少々高いですが、物が良いです。http://www.mokuzai.com/

IOC 突き板や数種類のフローリングを組み合わせた「パーケットフローリング」などの変わり種をやってます。階段材や天井材などもありますね。http://www.iocjapan.biz/

朝日ウッドテック 突き板やシート貼りに強いイメージがあります。http://www.woodtec.co.jp/

東京公営 決して品数は多くはないのですが、フローリング表面の加工など、特注品を作ってくれます。http://www.tokyokoei.com

WOOD ONE ここはフローリングだけでなく、キッチンやドアも扱っていますので、デザインを合わせる事が可能ですね。http://www.woodone.co.jp/

パナソニック 大手でもフローリングやってるんです。https://sumai.panasonic.jp/floor/

 

と、ここにあげたのは一例でまだまだあります。。。家つくりを検討中の方は是非参考にしてみて下さい。ショールームなどもありますので、是非に。また、Ands Design Works では完全オーダーメイドの設計を行っていますので、使えないメーカーや建材はありませんので、ご安心下さいね。

 

先日「ヘリムボ〜ン」という個性的なフローリングを貼ったお宅があったんですね。「ヘリムボ〜ン」はこんなイメージです。

IMG_6751

これ、貼るの凄い大変なんですね。。。(汗)一本一本が比較的細いので、他の一般的なフローリングに比べて時間と労力がかかりますね。また90度回転されて組み合わさっているので、微調整を繰り返しながら貼っていくんです。写真のフローリングとフローリングの間に付箋のような紙が挟まってるのが見えますよね。これで微妙に間隔を調整しているんですね。まさに職人冥利につきます。大工さんお疲れ様です。

 

で、貼り上がった感じがこんな感じです。

石崎邸_018

いい感じですよね〜。最初にご案内したように、床は面が大きので、空間のイメージを決めるのに大切なんですね。皆さんの新居にお好みのフローリングが貼れるようにお手伝いしていきたいと思っています。

保坂でした。東京も梅雨があけましたね。建設現場も大変ですが、皆さんもご自愛下さい。

category