オープンハウス

 

こんにちは。保坂です。

先日極寒の中、駒田建築設計事務所「http://komada-archi.info/」のオープンハウスにお邪魔してきました。他の設計の方が設計した物件を見る事は楽しく重要な事でもあるので、時間がある限りいろいろお邪魔しようと思っています。

 

IMG_7909

用途は賃貸住宅ですね。外観は切り妻の屋根とモルタルの外壁が印象的です。わりとゆったりと設計されていて、敷地の中に2棟しかありません。法律制限の厳しい地域なんでしょうね。

 

IMG_7911

浴室の様子。向こう側が小さいテラス。夏はサッシを開けてバスタブに浸かって、最高ですね!お風呂あがりのテラスでのビールはなお最高です!

 

IMG_7912

1F居室の様子。向こう側が水まわりですね。床は構造用合板。主用途はフローリング材ではありませんが、独特の木目があって私も好きな材料です。安価ですしね。天井は構造材表しですね。

 

IMG_7914

2F居室の様子。床は1Fと同じ構造用合板。天井は構造材表し。屋根の切り妻の形態がここに現れています。

 

IMG_7917

2Fから1Fの玄関ホールを見下げたところです。階段は螺旋階段でした。非常に開放的な玄関土間です。土間ですので、室内でありながら室外のような空間が意図されていると感じます。

 

IMG_7918

2F居室の表し天井。インパクトあります。

 

IMG_7919

螺旋階段手摺と室内手摺の接合ディテール。ディテールはその空間の要素を創る非常に重要なポイントです。仮にいくら空間構成が面白く素晴らしくてもディテールがいまいちだとその空間の素晴らしさも損なわれます。。。

 

IMG_7920

キッチン。簡素ですね。。。長いカウンターが気持ち良いです。私個人的には好きですが。

 

IMG_7922

螺旋階段にょろにょろ。この日は極寒だったので、足がキンキンでした。。。(涙)スリッパは履きましょう。

 

IMG_7925

奥の棟のリビングダイニングから玄関ホールを見たカットです。螺旋階段がポイントになってますね。玄関ホールの引き戸をあければ、リビングダイニングも外のような中のような気持ち良い空間になりますね。

全体的に細部まで検討しつくされていて、空間に身をおいて心地よい空間が広がってました。丁寧な仕事は心地よいですね。お金をかける所にはかけて良いものを使用する。お金をかけない所にはかけないで全体的なコストも考慮する。

保坂でした。

 

 

年末年始休業

 

こんにちわ。保坂です。

 

Ands Design Works の年末年始休業は 12月28日(水)〜1月5日(木)までです。6日から仕事初めです。

 

一年本当に早いですね。クリスマスもアッと言う間に終わり、もう年末モードです。私個人的には年賀状の手配も済んでいるので少し穏やかな年末です。休みはゆっくり温泉にでも浸かりたいですね。

 

新年も皆様にとって良い一年となりますように。Ands Design Works は少しでも良い建築を良いデザインを模索し、また一歩一歩精進していきます。

 

新年もAnds Design Works をよろしくお願い致します。

事務所移転のお知らせ

img_out

今年5月に事業を開始した、アンズ・デザイン・ワークス株式会社ですが、当初より予定していた事務所工事が終わり、移転致しました。

新しい事務所は、JR/地下鉄丸の内線 荻窪駅から徒歩2分となります。

南口の階段を登り道路に沿って進むと、ローソンが見えます。

img_7589

事務所はローソンの入っているこちらのビルの8階となります。

偶然ですが、三菱UFJ不動産や、大成有楽不動産、積水ハウス等不動産関係の会社が入居しています。

img_7590

新しい事務所では、ミーティング用のスペースも確保しています。

お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

 

新事務所住所

〒167-0051

東京都杉並区荻窪5-30-16 MTCビル8階

電話:03-5347-2233

地鎮祭について

こんにちは、杉田です。

先日、アンズデザインワークスが発足して初の地鎮祭を迎えました。

当日は天気も良く、少々開始が遅れるものの無事終えることができました。

最近は地鎮祭を行わない現場もあると聞きますが、私が今まで携わった現場では全て執り行っています。

宗教的な意見の相違もありますし、人それぞれの考えがあるため、「必ず行わなければならない」という事はありません。

しかし、「この土地に住む」「事故なく、しっかりとした工事を行う」という意味でも地鎮祭を行うことは気持ちがよいですね。

これから工事に着工するという意味も含め、私のような設計のものも、工務店も気が引き締まります。

IMG_7026

地鎮祭とは、「土地の神様にご挨拶を行うこと」と、「土地に付いている厄を払うこと」の意味で行います。

細かい様式は省略いたしますが、往々に問題となるのは、「いつやるか」ということです。

まずは、その土地・家に住む家族全員の集合と、工事に関わる工務店の参加が必須です。

地鎮祭を行うタイミングは、

1.工事着工前

2.構造設計のために地盤調査を行う前

の2つになりますが、一般的には”1.工事着工前”が多いです。”2.地盤調査を行う前”というのも、地盤調査のためには、敷地内に細い穴を掘ることになるため、「土地に手をつける」と考えると着工前に含まれるかもしれません。

さてそのタイミングを合わせるに当たって、「日取り」を気になさる方がいらっしゃいます。世に言う「大安」です。

工事着工前で、関係者が揃い、神主さんも何かと忙しい「大安」に合わせるとなると、なかなか日程が決まらないものですが、この「大安」についてはあまり気になさらないよう、お施主様にはお話ししています。

その理由は、「大安」という日取りの考え方は「陰陽道」のものであり、地鎮祭を行う「神道」とは違う宗教だからです。

一般的ではありませんが、「神道」にも日取りの良し悪しのルールがありますので、地鎮祭の日取りについては一度氏神様の神社にて相談なさった方がよろしいかと思います。

しかしながら、関係ないとは言っても「仏滅」はなんとも気分が良くないので、避けた方がいいですね。

工事着工前というのは、いろいろと忙しくスケジュールがタイトになってしまう時期ですが、なるべく早く地鎮祭は行いたいと思っています。