東京の注文住宅は建築設計事務所【アンズ・デザイン・ワークス】

BLOG

家豆 Vol.1 資金計画

 

こんにちわ。アンズ・デザイン・ワークス株式会社の保坂です。急に思い立ったのですが、このブログの企画物で「家つくり豆知識」→ 略して「家豆」を連載しようと思います。人間には様々な人がいると思いますが、家を何件も建てられる人もいれば、一生に一回の人もいるでしょう。とにかく家を建てる予定のある人、家つくりを考えるのが好きだったり、専門的で難しい内容もありますが、出来るだけ簡単に、なんせ「家豆」ですので、本当に「豆知識」が付くような家作りに「少しだけ」役立つような内容を連載していきたいと思います(その先の一歩踏み込んだ知識を知りたい方は直接連絡をして頂くか、本屋さんへゴーでお願いします。)。

 

Vol.1では「資金計画」を取り上げたいと思います。家作りに知っておいた方が良い「豆知識」は色々ありますが、小さい事より大きい事、全体計画に関わる「資金計画」を紹介します。みなさん、家作りに何がいくらくらいかかるか分かりますか。なかなか難しいですよね。「土地代金」と「建物代金」がかかるのは当然の事、実は簡単に説明すると下記の項目が「最低限」必要になってきます。

 

 

家つくりにかかる諸経費一覧

 

 

これが「最低限かかる費用」です。大事なポイントを先に説明します。

 

 

家つくりにかかる諸経費一覧

 

実はこれが肝だったりします。ほとんどの方は土地購入「後」に設計者を決める方が多いように感じますが、もっと良い方法があります。土地購入前の「候補地」の段階で建築家に相談する方法です。何故かというとほとんどの方が融資を受けますが、融資の限度額は大枠決まっています。例えば分かりやすく融資の総額が「1億」で「8千万の最高の土地」を購入。残り2千万。仮にだとします。なかなか厳しい戦いが待ってますよ。2千万で建てられる家は正直限られます。お施主さんのご要望も満たせないかもしれません。建物代金以外にも上記のような費用が発生するのが現実です。こういう方が多いように思うのが正直な所です。

 

土地を購入する前「候補地」の段階で建築家に声をかければ、建築家は全体のマネージメントをする事が出来るんです。お施主さんは家つくりのトータル予算と候補地の情報を伝えるだけです。そこからは建築家の仕事です。建築家は下記の業務を行います。

 

 

家つくりにかかる諸経費一覧

 

 

要するに、土地を購入する前「候補地」の段階で建築家に声をかければ、トータルの予算の中で何にいくらかかって、どんだけ希望がかなうのか、そもそも難しいプログラムなのか、土地を購入する前にお施主さんは把握が出来るという事なんです。また「候補地」の段階で建築家に声をかければその候補地の診断もします。簡単に、3階建を建てたいと思っているのにそもそも3階は建たない敷地とか。地盤状況もチェックします。地盤が悪い場合は地盤改良が必要になりますし、最悪100万以上の費用が発生します。また変形地の場合は土地が割と安価に販売されている事もあるようですが、「施工」という側面から考察すると施工しにくく施工費用は割高になります。そういった事も「家つくり豆知識」→ 略して「家豆」としてお伝えする事が出来るんです。また、このような業務を行うのに有料の設計事務所もあるようですが、アンズ・デザイン・ワークス株式会社は後悔しない家つくりをして欲しいという気持ちから「無料」にて行っています。お気軽にお声がけ下さい。

 

Vol.2に続く。

メールアイコンお問い合わせはこちら