東京の注文住宅は建築設計事務所【アンズ・デザイン・ワークス】

BLOG

コワーキングスペース

こんにちわ。保坂です。先日、大田区山王のコワーキングスペース「SANNO BRIDGE」のオープンハウスに行ってきたので、そのレポをお知らせします。そもそも「コワーキングスペース」ってご存知でしょうか。コワーキングスペースとは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを示します。一般的なオフィス環境とは違っていて、コワーキングを行う人々は同一の団体には雇われていないことが多いです。通常、在宅勤務を行う専門職従事者や起業家、フリーランス、出張が多い職に就く人など、比較的孤立した環境で働くことになる人が興味を持つ傾向にある環境ですね。コワーキングは独立して働きつつも価値観を共有する参加者同士のグループ内で社交や懇親が図れる働き方でもあり、コスト削減や利便性といったメリットだけではなく、才能ある他の分野の人たちと刺激し合い、仕事上での相乗効果が期待できるという面も持っていると思います。

 

IMG_4066

外観です。敷地形状が複雑でここに賃貸ビルやオフィスの類の建物を建てても有効活用が難しそうですので、コワーキングスペースというプログラムが当てはまる立地でもあると思います。大森駅下車徒歩5分もかからない立地も魅力の一つですね。

 

IMG_4062

メイン階段です。ディテールまで建築家の配慮が行き届いていると思います。壁に貼られているタイルはタイルそのものが特注品だという話でした。

 

IMG_4061

建物への動線空間。外部の共用廊下です。

 

IMG_4060

共有のレンタルスペースです。緑が豊かで集中力が高まりそうな空間ですね。

 

IMG_4049

ここはまた異なる階の共有スペースです。ミシンやアイロンがありますね。裁縫を仕事にしている人もいるでしょうし、趣味でここでやる人もいるでしょうし、面白い仕掛けです。

 

IMG_4045

ここはスタジオですね。ヨガのマットなどが準備されていました。地下ですが前方のドライエリアがあることで地下でも明るく心地よい空間が広がっていました。

 

IMG_4037

ここはキッズスペースですね。キッズスペースにはカメラが設置されていて、館内の様々な所にキッズスペースの中の様子が確認出来るモニターが設置されていました。父親母親にとっては助かる仕組みだと思います。

 

IMG_4039

ここは例えばネイル教室などが出来る4畳くらいの空間です。先ほどのキッズスペースの中の様子が確認出来るモニターが設置されています。

 

IMG_4041

ここは地下なんですが、やはりドライエリアを計画することで地下ですが明るい心地よい空間を獲得しています。

 

IMG_4051

貸し会議室です。まぁ、そのままです(笑

 

IMG_4054

ここがいわゆるレンタルオフィス的な場所ですね。小さなブースがいくつかあって1ブースが2畳くらいですかね。職業によっては2畳あれば十分な職業もありますので、様々な用途で使用する事が出来ると思います。

 

IMG_4055

屋上です。仕事で息つまったらここで気分転換出来そうです。

現在社会は仕事のやり方や業種も多様化しています。それこそ10年くらい前はコワーキングスペースという施設やプログラムはなかったようにも思います。時代の流れと共に様々なものが変化して行くんですね。保坂でした。

メールアイコンお問い合わせ・作品集プレゼントはこちら