東京の注文住宅は建築設計事務所【FAWDO(ファウド)】

BLOG

現場

 

こんにちわ。保坂です。今日は現場レポートです。私たちの仕事は「設計」と「監理」ですので、しっかりした設計をする事は当然の事ですが、しっかりした「施工」がされているかを監理する事も設計をする事と同じくらい大事な業務だと思ってます。

今回は用賀駅徒歩15分の現場をレポートします。

img_7557

外壁は黒いガルバリウムです。この物件では「横葺」という葺き方を採用しました。1Fはモルタル塗り工事が終わって乾燥させるための養生期間をとっています。この後白い吹き付けを吹き付けて仕上げます。

 

img_7565

内部造作の様子です。白いモコモコしているのは断熱材です。「ウレタン吹付」と言われる現在の木造用断熱材で最高グレードの断熱性能を持っています。仮に壁内結露が起こってしまっても、結露や重力による「ただれ」の起きにくい断熱材です。気密性が高い性能を持ちます。しかし、逆に火に弱い特徴もありますが、基本木造ですので仮に火事になってしまった時それぞれの断熱材の火に強いか否かで、大きく建物全体の燃えやすさ燃えにくさに影響が出るでしょうか。。。

 

img_7569

丁度大工さんが施工をしていました。写真ではあまり分かりませんが工事で出る粉が舞ってまして。。。この日は天気が悪く窓が開けれないので大工さんお疲れ様です。

 

img_7572

この家の特徴の一つですが、LDKの吹き抜けの上にブリッジのような小屋裏(ロフト)があります。その上にトップライトをしかけて上から良い感じの光が落ちてました。出来上がりもいい感じの空間になる気配がプンプンしました(笑)

 

img_7578

お施主さんのこだわりのリビングに面する大開口。向こうは大きなテラスになっています。広く天井高さの高いリビング。そこに面する大開口。向こうには大きなテラス。う〜む。。。憧れます(笑)

 

img_7601

外観写真をチラリと。高さが高く4層のように見えますが、実は建築基準法的には二階建てです。私は建築基準法の抜け道を見つけて大きな家を設計するのが得意分野の一つです(爆)外観は今の段階ではまだあまり公開したくないので、横からチラリと。

 

img_7598

外壁のガルバリウム鋼板とモルタル外壁の切り返し部分。一般の方にはあまり深い興味はない箇所だと思いますが、詳細な部分までこだわってのAnds Design Works。丁寧にきめ細かい仕事をしていきたいです。

 

img_7591

特注で作った引き戸の上レール。一般の方にはあまり深い興味はない箇所だと思いますが、詳細な部分までこだわってのAnds Design Works。丁寧にきめ細かい仕事をしていきたいです。← しつこい

 

簡単ですが現場レポートでした。

メールアイコンお問い合わせはこちら