エマの鬼説は真実か検証してみた【約束のネバーランド】

約束のネバーランド』の主人公エマ。
実は彼女、一部では鬼ではないかとささやかれているのです!

それが真実かどうか探っていきましょう。

エマという人物

『約束のネバーランド』の主人公は、オレンジのクセ毛がチャームポイントの少女エマ。
明るく活発な性格で身体能力が高く、レイやノーマンと組んでGFからの脱獄します。

エマのプロフィールまとめ

名前:エマ
認識番号:63194
誕生日:2034年8月22日(2045年11歳)
身長:145センチ→158センチ→161センチ(2049年)
出身:GF

2049年には15歳になっているエマ。
中学3年生くらいで身長161センチは比較的大きいほうでしょうか?

心も体もたくましい彼女は、ハウスの子どもたちからも絶大な信頼を得ています。

エマはなぜ耳を切り落としたのか

エマ

ダークファンタジーなだけあって、作中にはショッキングなシーンがいくつかあります。

その中でも特にエマが自分の耳を切り落としてしまう場面に驚いた人も多いのでは?

食用児の身体には発信器が埋め込まれています。
彼らがハウスから脱獄しようとしても居場所がわかるようにしているのです。

それに気づいたのは、ハウスに赤ん坊の食用児が来たときでした。

エマたち上級生の身体にはもう発信器を埋め込まれたときの傷は残っていませんでしたが、赤ん坊の耳にはそれらしき傷がありました。

こうして発信器の場所を突き止めたエマたちは、逆に発信器を利用してイザベラの目を欺こうと考えます。

脱獄する際、エマは発信器の入っている耳を切り落としハウスに残しました。
発信器を便たよりにエマを追っていたイザベラは、エマがハウスを出たことに気づきませんでした。

仲間のために身体を張るエマは本当に勇気にあふれていますね。

エマと結ばれるのは誰?

作中でエマと仲がいいノーマンとレイ。

ノーマンは穏やかで心優しく、ハウスの子どもたちにとても慕われてます。

一方レイはいつでも冷静沈着。
少し冷めた性格ですが、イザベラと食用児の内通者として脱獄に貢献する人物です。

正反対の性格の2人ですが、どちらも人気のキャラクターです。

エマとは非常に親密な関係でファンの間でもエマとくっつくのではないか?、とカップリングがささやかれています。

さほど恋愛要素を含んだ作品ではないけれど、妙齢の男女がいるとなるとドキドキする展開もありますよね。

1, ノーマンとエマ

ノーマンはコニーが出荷された際もエマと一緒に行動しており、エマがくじけそうなとき、泣きそうなときにいつでもそばにいてくれた優男です。

エマにとっても、ノーマンは精神的な支えになっています。

エマに好意を抱いており、レイにははっきりと「エマが好きだ」と伝えるなど意外にもはっきりとした男らしい一面もうかがえます。

「ハウスの全員で脱獄したい」というエマの望みをかなえるために多少無理をするなど、本当に彼女のことを想っているようです。

物語の後半ではエマと対立する場面も見られますが、それもあくまで彼女とすべての食用児を守るための選択であり、根本の優しさは変わっていません。

ただ、スピンオフでのノーマンは少しキャラが違います。

出荷が決まったときにエマの服や髪の毛などを持ち出すなど、やや(いやかなり)ストーカー気質です(笑)本編とのギャップはかなり大きいようですね。

2, レイとエマ

クールで一見なにを考えているかわからないレイですが、焼身自殺を図り(未遂に終わりましたが)子どもたちの脱獄を成功させようとするなど自己犠牲をいとわない正義感の強いキャラクターです。

エマだけでなくノーマンのことも仲間として誰よりも大事に思っています。

はっきりとエマに好意を示しているわけではありませんが、脱獄後はノーマンに代わってエマを支え続けているので、仲間以上の感情を抱いていてもおかしくはないように思います。

非常にクールな性格ですが、スピンオフでは寂しがり屋でコミュ力に悩むなど可愛らしい面も描かれており、実はツンデレ属性ともとらえられそうですね。

ツンの部分が邪魔をしてエマに対し素直になれないのではないかと考えると、なんだかレイを応援したくなります。

エマは本当は鬼?

たくましい主人公としてもヒロインとしても魅力的なエマですが、彼女の正体は実は鬼なのではないかと噂されています。

そのいくつかの理由を考察していきます。

1,身体能力が高すぎる

ハウスにいた頃のエマは女子ながらも鬼ごっこで常にトップの成績をおさめていました。

小学生の頃を思い出してみると、11歳ならば女子の方が足が速かったり体格がよかったりすることもありました。
しかしノーマンやレイも上等であることは間違いありません。

そん2二人を差し置いて恐ろしいほどの身体能力を見せるエマはやはり普通ではないのかもしれません……。

2, 見た目が鬼みたい

「どこが?」と思う人もいるでしょう。
よく見てみてください。
エマの頭には大きなアホ毛があります。

ただのアホ毛ならいいのですが、コミックの番外編ではこのアホ毛が意思をもっているような描写がありました。

イザベラがエマの髪を切る際、アホ毛が逃げ回り結局切ることができなかったのです。
このことからも、普通のアホ毛ではなく鬼の触覚なのではないかという噂があるのですね。

確かにムジカやソンジュの話でも、鬼には定型ではなく皆様々な姿だと明かされています。
触覚が特徴の鬼がいないとも言い切れません。

3, 鬼を殺したくないと主張している

作中でノーマンと対立するきっかけとなったエマの考えです。
ムジカとソンジュと仲良くなったことでいい鬼もいると知ったエマですが、果たして本当にそれだけか?、ということです。

大好きなノーマンと対立してまで鬼をかばっている姿には、確かに少々違和感を覚えます。

しかし、元々優しい性格で仲間思いですから、ムジカたちを仲間として受け入れたエマには鬼を殺すことはできないのだと思います。

また、エマは鬼と対峙したときには容赦なく戦っているので一概に鬼の味方をしているとも言い切れません。

もし彼女が鬼だとすると、宗教上人間を食べられない、邪血の鬼の可能性があるでしょう。
そうなるとムジカたちに味方することにも納得がいきますね。

まとめ

王道な主人公像をもちながら、恋愛面や鬼説などなにかと秘密が多そうなエマ。
そんな謎めいた部分もまた、彼女の魅力なのかもしれません。

アニメ版では明かされていない設定も多いので、ぜひ原作もチェックしてみてくださいね!

\鬼に食べられちゃう!?/
『約束のネバーランド』動画配信|見逃しフル無料視聴する方法はこちら! 『約束のネバーランド』動画配信|見逃しフル無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


初回31日間無料!映画・ドラマ見放題☆
U-NEXT公式サイトはこちら
初回31日間無料!映画・ドラマ見放題☆
U-NEXT公式サイトはこちら