東京の注文住宅は建築設計事務所【アンズ・デザイン・ワークス】

大体積の吹き抜け
(東京都江戸川区)

在来木造3F建て。夫婦と子供3人が暮らす家です。
異形の平面形をした2層吹抜けのリビングが豊かな生活を演出しています。2層吹抜けのリビングには縦長や横長の窓が慎重に検討を重ねた結果配置され、太陽の動きに従って内部空間に明るい光や落ち着いた影を演出します。2Fのリビングから3Fに上がる階段はスケルトンの鉄骨階段とし、浮遊感を演出しリビングのアクセントに一役買っています。3Fの子供部屋は将来的な家族構成の変化に合わせられるよう配慮されています。

  • 外観
    シンプルな形の中に縦長や横長の窓を適所に配置した結果、それがこの家の特徴を作る要素になっています。
  • リビング
    リビング上部は開放的な2層吹抜けです。南側には大きなフィックス窓が設置され、明るい光を内部に導きます。
  • キッチン
    リビングからキッチンを見ています。左側の壁面収納が奥まで連続していきます。
  • LDK
    スケルトンの鉄骨階段が空間のアクセントになっています。右側はキッチンの小窓です。
  • LDK
    2層の吹抜けを採用する事で実際の床面積以上の開放感を獲得しました。スケルトンの手摺も開放感に一役買います。
  • 子供部屋
    将来的に2部屋に分けられるように構造計算し、床壁内部にそのための構造体があらかじめ仕込んであります。
  • 浴室洗面
    半分埋め込んだ浴槽は開放感を演出します。浴室と洗面もガラスで仕切り実際の床面積より広く見えるよう配慮しています。
  • TVボード
    リビングのインテリアデザインに合わせてテレビボードもデザインし特注で製作しました。
  • 壁面収納
    構造体の壁を転用して壁面収納と机にしています。左側の水平窓が周囲の環境を切り取ります。
  • リビング
    エアコンを天井に埋め込み出っ張りを無くす事で少しでも広く綺麗に見えるよう配慮しています。
  • 縦長窓
    階段の前にあえて縦長窓を設置しアイストップを作らない、視線が外部まで抜けて行き広く感じるよう操作しています。
  • キッチン
    開放的なリビングとはあえて対照的にキッチンは壁に囲まれた落ち着いた空間になっています。小窓がポイントです。
  • 鉄骨階段
    スケルトンの鉄骨階段を通して、縦長窓を通して、視線が外部空間まで抜けて行く事で内部空間が広く感じます。
  • 吹抜
    リビング上部の吹抜けは台形の平面形状をしています。台形ゆえに正方形や長方形にはない変化や面白さがあります。
  • 吹抜
    2層吹抜けると空間の体積の大きさや開放感を実感出来ます。散りばめられた窓が周囲の環境を内部空間に導きます。

メールアイコンお問い合わせはこちら