MENU

釜爺はなぜ海原電鉄の回数券を持っていたの?|千と千尋の神隠し

海原電鉄 回数券

ハクが盗み出したハンコを返しに銭婆のところへ向かうことにした千。

そんな千に釜爺が電車の回数券を渡します。

「40年も前の使い残りだ」なんて言ってましたが、なぜ釜爺は回数券を持っていたのでしょうか?

目次

釜爺は40年前に度々電車に乗っていた!

回数券を持っていることから推測して、釜爺は40年前には度々電車に乗って出掛けていたということになりますね。

「あの魔女は怖えぞ。」と言っているので、銭婆とも知り合いなのでしょう。

釜爺は電車に乗ってどこへ通っていたのでしょうか?

もしかしたら、銭婆のところに遊びに?働きに?行っていたのかもしれませんし、単に電車に乗って外の眺めるのが好きだったのかもしれません。

いろんな想像ができますね!

ただ1つ確かなことは、釜爺は回数券を購入するくらいの頻度で電車に乗る用事があったということでしょう。

あわせて読みたい
ジブリ『千と千尋の神隠し』宮崎駿監督作品|ストーリーと感想 わたしの好きな映画は、宮崎駿監督作品の『千と千尋の神隠し』です。 映画館でも何度も見ました。 本当に感動して、何度見ても良さを感じ感動してしまいます。 【『千と...

 

海原電鉄 回数券

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

comment

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる