東京の注文住宅は建築設計事務所【アンズ・デザイン・ワークス】

東京都世田谷区上用賀の家

所在地:東京都世田谷区上用賀

「SOLIDO」と「白い吹付」のコントラスト、
適所に配置された大小の正方形の窓が要素となり個性的なファサードを演出している家です。

用途地域は第一種低層住居専用地域。構造は在来木造の二階建てです。
お施主さんの主な希望は、一階の広いLDKとルーフバルコニー、同じ広さの子供部屋が2つでした。一階に出来るだけ広いLDKを確保するために、いわゆる「区切られた玄関」を計画せず、LDKと一体になった「土間」を計画する事でより開放性に富んだ空間を獲得する事に成功しています。

内部に外部の光が入りにくい一階に対し、二階にグレーチングとアクリル板を用いて床を作る事で光の通り道を確保し、さらに二階の天井(ルーフバルコニー床)にトップライトを設置する事で「光の縦道」をデザインし、空から光を導く明るいLDKを一階に現実にしました。
二階からルーフバルコニーへの経路は、いわゆる「階段室(ペントハウス)」を採用せず、二階から「外部階段」で上がる形式を採用する事で、第一種高度斜線制限をかわし広いルーフバルコニーを獲得しています。

外観デザインのノイズになるエアコンの室外機への対応として、二階の前面道路側に片持ちの室外機置き場を計画し、同時に玄関ドア上部の庇の機能も保有させました。前述の片持ち室外機置き場とその下一階の玄関ポーチを建物の外観デザインのアクセントとする事を意図し最もニュートラルである白で塗りました。白とメリハリを付ける意図で建物本体は「SOLIDO」という質感が豊かなセメント板を採用する事で個性的な外観をデザインしました。

外壁に設置された主な窓は「大小の正方形」で統一されていて、各部屋の形や機能、内部壁への影の演出方法、外部からの視線など、様々な要素を元に大きさと配置をデザインする事で結果、建物の表情を演出するファクターに位置づけられています。
インテリアデザインは「白」をベースに、「黒」と「シルバー」と「グレー」を適度に配置し、シンプルでありながらも個性的な「ここにしかない空間」をデザインしました。

  • 外観
    「SOLIDO」と「白い吹付」のコントラスト、適所に配置された大小の正方形の窓が要素となり個性的なファサードを演出しています。
  • 外観
    下の白い塊が玄関ポーチ。上の白い塊が2Fの室外機置場を兼ねた玄関ドア上部の庇です。
  • SOLIDO
    セメントと使用済みコーヒー豆を原料として開発された外壁材です。セメントの白華が独特の表情を演出します。
  • LDK(1F)
    1FがワンルームのLDKです。正面に特注造作したオリジナルの2列型キッチン。左の黒格子のドアは食器棚です。
  • 特注キッチン
    黒い存在感のあるキッチンがLDKのアクセントになっています。シンク下部にはディスポーザー(生ゴミ粉砕機)も完備しています。
  • 特注キッチン
    手前のカウンターは朝食など軽く済ます時に使用するカウンターです。天板はステンレスのバイブレーションという仕上げを採用しています。
  • LDK(1F)
    床のフローリングはフレンチヘリムボーンという貼り方を採用しました。表面のオイル仕上げはシルバーグレーオイル仕上げです。
  • LDK(1F)
    1F天井のグレーチングは2F天井のトップライトから入る光を1Fまで導く仕掛けです。グレーチングとアクリル版を組み合わせて作った「光の縦道」です。
  • SOLIDO
    外壁のSOLIDOをあえて内壁に貼りLDKのアクセントにすると共にここにしかない個性を演出しています。
  • 光の縦道
    1F天井の見上げです。2F天井に設置したトップライトから入ってくる光を1Fまで導くために、2F床がグレーチングとアクリルで作られています。
  • 光の縦道
    上部がトップライト。床はグレーチングとアクリルを組み合わせて作る事で1Fまで光を導きます。
  • 光の縦道
    特注製作した引戸の向こうは、主寝室と子供部屋とトイレです。 上部がトップライト。床はグレーチングとアクリルを組み合わせて作る事で光を1F まで光を導きます。
  • スイッチ
    あえて大きなスイッチプレートを使用せずに、一連のスイッチプレートを7個ならべるデザインとしています。
  • 階段見上
    白い壁天井に黒の照明と手摺がポイントでデザインされています。
  • トップライト
    内部に導いた光で1F まで明るく照らします。
  • 洗面
    造作カウンターの上に洗面器を配置し、比較的安価でありながらデザイン性は落とさないよう配慮しています。右上部は備え付けのガス乾燥機「乾太君」です。

メールアイコンお問い合わせはこちら