MENU

「妻、小学生になる。」見逃し配信はこちら!あらすじの紹介も。

妻、小学生になる。
エマ

「妻、小学生になる。」は、10年前に世を去った妻が小学生の姿になり舞い戻ってくるといったお話です。

【クリック!】Paraviで「妻、小学生になる。」を見る♪

目次

「妻、小学生になる。」あらすじ

10年前に妻の貴恵(石田ゆり子)を失ってから、妻のいない生活に価値を見つけられず、まるで抜け殻のように過ごしてきた主人公の新島圭介(堤真一)と、その一人娘の新島麻衣(蒔田彩珠)。

そんな彼らのもとに、突如小学生の姿となった妻(毎田暖乃)が現れます。

小学生の姿で現れた妻に戸惑い、最初は信じることができなかった2人も、目の前に現れた小学生が持つ2人との大切な記憶や、なんとも見覚えのある懐かしいふるまいから、その子が妻であることを確信します。

妻が帰ったことに喜びを感じた圭介と麻衣の生活はみるみるうちに息を吹き返し、貴恵からの温かい愛により抜け殻のようだった生活から好転、周りの人たちとの関係も次第にいい方向へ変わっていく。。。といった切なくもハートフルなストーリー。

推し俳優である杉野遥亮くんをきっかけに見ることに

実はこのドラマ、はじめは見るつもりがなかったんです。
が、わたしの推し俳優である杉野遥亮くんが代役で出演することに決まりまして、見よう!ということになりました。

実際に、1話目には杉野くんが登場するシーンはなかったのですが、亡くなったはずの妻が帰ってくるといったファンタジーが面白くて1話からしっかり見入ってしまいました。

登場する俳優も、実力派ぞろい!

脇を固める豪華布陣

貴恵の弟・古賀友利役には(神木隆之介)が出演していたり、小学生になって帰ってきた貴恵の本来の姿、万理華の母、白石千華役には(吉田羊)が起用されていたりと、なんだかそうそうたる顔ぶれだったので見ていて安心感がありました。

ドラマ放映中のCM前に流れる映像では、もしも貴恵が今でも生きていたら、という設定であろう新島家の三人の仲睦まじい姿も見られるのでそこも必見ですね!

エマ

暖かくてなみだがあふれそうになりました。

1人2役を演じきった毎田暖乃ちゃんがスゴすぎる!

何より小学生となって帰ってきた妻役の毎田暖乃ちゃんの演技が素晴らしくて、そしてかわいくて気づいたら毎回楽しみにみていました。

そんな毎田暖乃ちゃんですが、朝ドラ「スカーレット」で子役としての活動を開始し、「おちょやん」ではその巧みな演技力で注目を浴びた、魅力的な俳優だそう。

小学生でありがら、1人の子を持つ妻と小学生役の2役を演じるなんて、ほんとすごいですよね!
きっとこのドラマを見ていた人の多くがファンになったんでは??
まだ10歳という若さですから今後の活躍が気になりますね。

蒔田彩珠さんにも注目!

貴恵の娘役の蒔田彩珠さんも朝ドラ「おかえりモネ」へ出演。。
3歳のころから子役活動をしていて、数々の賞を受賞している注目の若手女優ですよね。

今回のドラマの公式インスタグラムやツイッターに投稿されていた、暖乃ちゃんと彩珠ちゃんの仲良しそうな動画や写真がかわいかったのも印象的でした。

そして推し俳優、杉野遥亮くん

ところで私の推し俳優、杉野遥亮くん演じる相川蓮司は、麻衣が就職した会社の取引先の社員。
貴恵の一人娘である麻衣の恋人になる役どころ。

一見ぶっきらぼうでクールな印象に見えた蓮司は、麻衣のまじめで一生懸命に接してくれる姿に心を打たれます。

正直なところ、蓮司が登場するシーンは多くはないのですが、ポイントポイントで若者の不器用ながらまっすぐな恋を見事に表現しつつ、クールで優しい好青年を演じていました。

エマ

テレビの前の皆様もキュンキュンしていたのでは??

2021年冬ドラマではヤンキー役を演じていたこともあり、まったく違う役柄でギャップに燃えた方もいるはず。

【まとめ】果たしてこの3人新島家の行方は!?

さて、果たして小学生の姿になり帰ってきた貴恵はこのままずっと圭介と麻衣と一緒に暮らしていくことができるのか?
新島家の家族再生と周りの人々が繰り広げる温かい物語、ぜひ見ていただきたいです。

個性あふれるキャラクターがそろっているので、クスッと笑えるところがあってそれもまたおもしろい!
笑いあり、涙ありの感動のドラマです。

まだ見てない方にはぜひ見ていただきたいです。
Paraviで見れるので、ぜひチェックしてくださいね!

\独占配信中!/

本ページの情報は2022年4月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

妻、小学生になる。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

comment

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる