MENU

『鬼滅の刃〜兄弟の絆〜、〜浅草編〜、〜鼓屋敷編〜』あらすじと感想

大ヒットした鬼滅の刃無限列車編に繋がる最初の物語です。
『鬼滅の刃』のテレビアニメは何度も観ました。

エマ

ストーリーも映画に繋がっていくこともわかっていますが、やはり何度観ても心打たれる物語ですね。

映像もとてもきれいで、闘いのシーンは迫力があります。

目次

兄妹編

炭治郎と禰豆子の兄弟愛が主に描かれていて、家族の愛の尊さを考えさせられます。
妹を人間に戻すために必死に鍛錬に打ち込み、子供なのに強い気持ちを持ち辛い現実に立ち向かっていきます。

毎日、体に鞭を打って鍛錬を繰り返します。
何ヶ月も過ぎ、2年経ち、きっと何回も挫けそうになったはずです。

怪我をしたり体が痛くなったりしても、子供とは思えないほど自分に厳しく立ち上がったはずでしょう。

エマ

それも全て、最愛の禰豆子のために、亡くなった家族のために、強く耐えてきたのでしょう。

そして何よりも炭治郎の家族思い、友達思いの優しさに胸が熱くなるんです。

こんなにも優しい少年がいるのでしょうか。

アニメの中では強い炭治郎をたくさん観ることができますが、仲間たちとのやり取りにも笑ったり、泣いたりほっこりしたりできますよね。
わたしはそんな炭治郎が大好きです( *´艸`)

仲間と一緒にいろんな試練に向かっていく、そして時折笑顔になるストーリー。
沢山の人が心打たれた気持ちがわかります。


そして禰豆子は鬼になってしまったのですが、幼い子供のように可愛らしいです。
禰豆子も家族愛が強いので鬼になっても炭治郎を守ろうとします。
そんなお互いがお互いを守ろうとする2人の絆に感動しますよね。

アニメを観ていくうちに、炭治郎の成長を見守っているような気持ちになります。
最初は優しさに打ち勝つことができなかった炭治郎もストーリーが進んでいくにつれて、強く逞しくなっていきます。

そんな炭治郎に仲間たちも柱たちも、いつしか協力し力を貸してくれるようになるのです。
何人もの仲間たちが炭治郎の力となり、勇気づけてくれる姿もまた、胸が打たれます。

鬼との闘いに行き、仲間と助け合い、そうして固い絆が生まれてくるのです。

浅草編

鬼舞辻無惨との遭遇に炭治郎の怒りが伝わってきます。
観ているこちらも無惨に対して怒りが生まれてきます。

エマ

なんて残酷な鬼なのだろうと。
絶対的な力を持つ無惨。

無惨から始まり、いろんな人間たちが鬼にされてきました。

どうしてそんな残酷な事が起こったのだろうか?

後々明らかにされていきますが、浅草編のストーリーはただの始まりに過ぎません。

炭治郎との遭遇にどういった意味があったのでしょうか。
辛い現実を突きつけられたような感覚になり、切ない気持ちにもなります。

エマ

わたしはそんな無惨を許すことのない炭治郎や仲間たちに共感し、応援したくなります。

いつしかそのストーリーに入り込んでしまい、同じように悲しみ涙しました。

無惨との遭遇から、先に続くストーリー

試練だけでは言い表せなほどの長い長い闘いに繋がっていくのです。

那田蜘蛛山編、柱合会議・蝶屋敷編、と無限列車に繋がっていきます。

何度も繰り返し観ていくことで登場人物それぞれの思いや過去や悲しみを感じることができたように思えます。
こんなにも没頭して観ることはこの歳になって中々ないと思います。

『鬼滅の刃』あなたの推しキャラは誰ですか?

わたしは恥ずかしながら、冨岡義勇さんと愈史郎です。

義勇さん

最初の兄妹の絆に出てきた柱の一人で愈史郎は珠世さんから生まれた鬼です。
義勇さんはクールなキャラクターだけど、やや天然なところもあってそこがまた可愛いのです(*‘ω‘ *)

そんな義勇さんにきゅんきゅんする人もいるはずですよ。

愈史郎

なんと言っても珠世さん一筋なところです。
K-POPアイドルのようなビジュアルでイケメンですね。

ずっと珠世さんの美貌に鷲掴みにされている愈史郎も可愛らしいです。
わたしのように『鬼滅の刃』は推しのキャラクターを見つけて応援する人も多いと思います。

これからどんどん柱も登場してくるので、複数の推しを見つけるのもいいですね(*^▽^*)
推しのキャラクターを見つけつつ、炭治郎たちの応援もしてほしいです。

まとめ

そしてついに地上波初放送の無限列車編です。
強さと感動、そして絆を心から感じられると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

comment

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる