「マイ・フレンド・フォーエバー」感想【ネタバレ注意!】

「これまで観てきた映画のなかで1番泣いた作品は?」と聞かれたらわたしは迷うことなく「マイ・フレンド・フォーエバー」を選択します。

目次

「マイ・フレンド・フォーエバー」あらすじと感想

あわせて読みたい
- YouTube Auf YouTube findest du die angesagtesten Videos und Tracks. Außerdem kannst du eigene Inhalte hochladen und mit Freunden oder gleich der ganzen Welt teilen.

1995年に公開された映画で、当時セクシーでワイルドな青年として人気だったブラッド・レンフロ主演のエイズを題材としたストーリです。

ブラッド・レンフロ演じるエリックはちょっと破天荒な母親と一緒に住んでいてエリック自体も周りの子供たちとなじむことができず浮いた存在であり、やややさぐれた生活を送っています。

エリックの家の近所に引越してきた、ひ弱そうな少年のデクスター

デクスターがエイズに感染していることを知っていたエリックは、「うつるから関わってはいけない」と言われました。

なので警戒しているのですが、初めからエイズの少年に寛容な少年というわけではなく、もし一緒にいたらうつってしまうのかもしれないと恐れているような描き方がリアルでとても惹き込まれてしまいます。

どこにでもいる普通の少年エリック

エイズ患者に確かにある偏見を冒頭でしっかりと描くことによって、実はエイズは簡単にうつる病気ではないということが伝わってきますし、エリックが清らかで優しい青年というわけではなくどこにでもいる少年そのものの対応にグッと来るものがありました。

普通なら絶対に仲良くなることがないような二人は皮肉にも孤独によって仲良くなっていく展開がとても切ないですね。

デクスターと母親の強い絆

エイズ患者でありなが強い精神力を持っているデクスターと、その息子を支える母親の関係もとても素敵です。

デクスターと母親のやりとりを見て、自分の母親との違いについて感じてしまったエリックの切ない表情や彼の健康で未来が明るく見えるエリックも実は家庭の悩みを抱えているという設定は実にアメリカらしいなと思ってしまいました。

エイズを治そうと二人は色々試していく

あわせて読みたい
- YouTube Auf YouTube findest du die angesagtesten Videos und Tracks. Außerdem kannst du eigene Inhalte hochladen und mit Freunden oder gleich der ganzen Welt teilen.

この物語は単にエイズの少年とのかかわりではなく、エイズを治すためにエリックとデクスターが実験のような形で色々と試そうとしていくのです。

単に死を待つのではなく、「エイズを完治する薬がないのなら自分たちで生み出してやろう」という子供ながらの安易な考えによって雑草などを飲んでみたり必死に薬を探そうとします。

エマ
その姿はエイズを治す特効薬を探しているということを知らなければ普通の少年たちの単なる遊びの一環としてみれるのが逆に切なさを際立たせます。

薬を必死に探すなかで、元気だったデクスターがだんだん具合が悪くなってしまったり遊ぶべなくなったりすることでエイズの恐ろしさを表現してくれています。

特効薬が見つかったというゴシップ記事を発見

その薬がみつかったという町に出掛けることになり、少年二人の旅が始まります。

旅の道中に2人で寝ているときに、いつも冷静で明るくてひょっとしたらエリックよりも勇気があるように見えていたデクスターが震えているシーンは涙なしで見れませんでした。

死に対する恐怖を口にしたデクスター

エイズという重い病気の恐ろしさを幼い少年ながらに理解しているデクスターが「夜の暗闇が怖い」と死に対する恐怖を口にしたとき、病気に対しての怒りのようなものが湧き起こってきました。

自分の死が近い人物にこんなことを打ち明けられたら大抵の人は何も言い返すことができないでしょう。

でも、エリックは少年らしい冗談混じりな口調で、「そんな時は自分のスニーカーを抱えて眠りについたらいい」と語るのです。

そうすれば真っ暗闇の中で目を覚ましても、何だこのくさい臭いは、そうかエリックのスニーカーを抱えて寝ていたんだって怖くなくなると答えるエリックはとてもかっこよく見えました。

大人になったらきっとそんな会話なんてできません。

少年同士だからこそ、死への恐怖を笑顔になれるような言葉で返すことができたのではないでしょうか。

絶体絶命の危機に遭遇

エイズに効く特効薬を求めて旅に出た二人は、悪い人間に遭遇してしまい絶体絶命の危機に陥ってしまいます。

この絶体絶命の危機は、エイズ感染者であるデクスターが自分の手首を切ったことによって難を逃れるます。

[moveline color=”#afeeee” sec=”5″ thick=”40″ away=”2″]血を流しながら[move]「自分はエイズに感染している、この血は猛毒だ」と悪いやつらに自ら迫っていくシーンはとても切なくて、そんなデクスターを見て逃げていった男たちを見て悔しい気持ち[/move]にさいなまれてしまいました。[/moveline]

2人の特効薬を探すたびというのは終わりを迎えるのですが、最後まで勇敢で笑顔を絶やさないように努めるデクスターの強い態度に魅かれていきました。

この映画の素晴らしいところはエイズに感染しても強い気持ちを忘れない少年の心と、その少年と仲良くなって子供ながらに救ってあげたいと考える優しい少年の気持ちがわざとらしい俺たちの友情は永遠だとかくさい台詞をもちいらなくても伝わってくることです。

母親の愛情深さ

また、友情だけではなく、この映画においてはデクスターの母親もいい味を出しています。

命の炎が消え行く息子に対してもいつも笑顔で接し精一杯の愛情を与え、時には厳しく怒ることもあります。

しかしこれは、エリックと出会ったことで自分の体調を考えずに無茶な行動をするようになった息子に対しての複雑な思いであったり、これが息子にとって最後の思い出になるのかもしれないという思いから見届けてあげたいという気持ちもひしひしと伝わってくるから切ないのです。

最愛の息子と仲良くしてくれたエリックも自分の息子のように接するようになっていきます。

そのなかでエリックの母親とデクスターの母親が対峙するシーンがあります。

このシーンは親世代の人はより身にしみるシーンでしょう。

ラストシーンは予想できるけれど・・・

ラストがどのようになるのか予想できると思いますが、単なるお涙頂戴と言った描き方ではなく、エリックが最後まで自分のペースであるのが忘れられませんね。

中盤から涙は止まりませんが、最後はちょっとほっこりともさせられる描き方は素晴らしい余韻を与えてくれました。

まとめ

エイズという病気を知るきっかけの映画でもありましたし、おしつけではない世界観がとても好きです。

ストーリーや様々なシーンは思い出すだけも胸が熱くなります。

子役の2人の演技も素晴らしく、やはり少年の友情物に勝るものはないなと感じさせられる映画です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

comment

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる