MENU

『バックストリート・ドリームズ』あらすじと感想【ネタバレ注意】

1990年の映画。
いやー予想以上に良いお話でした。

自閉症の息子ショーンのために心を入れ替える父親の姿にジーン。
ショーンのことを愛しているのが伝わってきて、根気強く向き合っていくのですね。

目次

『バックストリート・ドリームズ』あらすじ

自閉症の3歳半の息子ショーンを持つディーン(ジェイソン・オマリー)。
妻は浮気し、出ていった。

研修医のスティーヴィー(ブルック・シールズ)はショーンの自閉症を少しでも良くしようと試みる。

その熱意が伝わり、ついに父親のディーンもショーンに本気で向き合うようになる。

そして危ない仕事を抜け、一般人がするような仕事を始めるのだった。

『バックストリート・ドリームズ』感想

ブルック・シールズが好きなので見たけれど、予想以上に脚本が良くて繰り返し見たいなーって思った。

自閉症の息子とどう付き合っていけば良いか分からない両親。
いくつも病院を回るものの、根本的な解決には至ってない。

そんなときに出会った研修医のスティーヴィー。
彼女に出会えたのは、ショーンにとって幸運でしたね。

お金をもらわず「ランチでいいわ」と言って家に通って、必死でショーンと向き合ってくれる。
こんな親切な人、なかなかいないですよね。

スティーヴィーの本気が伝わったからこそ、父親のディーンも仕事以外はショーンとの時間をたっぷり取り、真剣に向き合うようになったのでしょう。

ショーン役の子、ほんとにかわいい。
あんなに幼いのに、しっかり役者さんをやっているんだものなー、すごい。

終盤、ショーンが1人で家を出てしまい交通事故のシーン。
スティーヴィーが「ショーンのこと聞いたわ」ってディーンに抱きつくし、お墓が出てきたから、てっきりショーンが死んだのかと思っちゃった…。

でも、ショーンがひょっこり出てきてびっくり。
幽霊?って一瞬思っちゃった。

亡くなったのはディーンの仲間だったのね。
まあ、ショーンが怪我だけで済んで生きていてくれてよかった。

でも、個人的にはスティーヴィーとディーンのラブストーリーは要らなかったかなー。
あくまでショーンに対する愛情、熱意だけで繋がっているっていう関係の方が好みかも。

でも、良い映画でした。
また近いうちに見直そうと思います(*’▽’)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

comment

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる