MENU

刑事コロンボの無料配信|名作のキャストやあらすじを紹介します!

「刑事コロンボ」が無料で見れるのはU-NEXTです。
31日間0円で使えるので、この機会にぜひ^ – ^
>>刑事コロンボを無料で観る!U-NEXT公式サイト

目次

「刑事コロンボ」の主要キャスト

コロンボ役:ピーター・フォーク

ピーター・フォーク

「刑事コロンボ」と言えば、やはり主演のピーター・フォークの印象が強いですよね。

エマ
よれよれのスーツとレインコートを身にまとい、安物の葉巻をふかしながら、ぼさぼさ頭で殺人現場に登場するシーンが個人的にすっごく好きです^ – ^

猫背で、モノを見るときの藪睨みもお馴染み。

犯人役:ゲストスター

毎回豪華なスター達が、コロンボに追い詰められる犯人役を熱演していました。

パトリック・オニール、アン・バクスター、ジョニー・キャッシュ、フェイ・ダナウェイなどの有名なスターが登場していました。

「刑事コロンボ」の声優は?

見事な日本語吹き替えをしてくれている声優さんたちをご紹介します^ – ^

コロンボ:小池朝雄、石田太郎

旧シリーズ(1968年、1971〜1978年)は、小池朝雄さんの吹き替えでしたが、1985年に小池さんはお亡くなりになられました。

そのため、新シリーズ(1989〜2003年)の吹き替えは、石田太郎さんに変更になりました。

「刑事コロンボ」の感想

通常の刑事ドラマと設定が異なる

エマ
なんと冒頭部分で犯人が相手を殺害するシーンから始まるのがお約束なんです!

「あっ、マズい。やっちまった」といったリアクションの犯人が、何とか証拠隠滅を図ろうとあたふたするものの、動揺していてさらに慌てているため、何かしらのヘマをやらかしてしまいます。

そこをコロンボが発見して執拗に突いてきます。
そうなったときのコロンボは、スッポンの如く、相手に食いついて離れない!

殺人犯は追及の手が自分に及ぶのに怯えながらも、平然を装うとするのだが、刑事コロンボの真綿で首を絞めるような追及が始まっていきます。

コロンボの名言というか口癖

日本語吹き替えでは、その際の口癖である、「うちのカミさんがね・・・」と切り出す職務質問が始まると、「待ってました」とばかりにワクワクする自分がいます!

他では、質問が終わりかけたところで、コロンボが相手をじらすような「あと1つだけ・・・」のセリフは、犯人が我を忘れてイラつき、ボロを出すことを誘発しているようで非常に憎いやり方ですよね。

[moveline color=”#afeeee” sec=”5″ thick=”40″ away=”2″]このコロンボ、[move]犯人の嫌なところ嫌なところを突く戦法[/move]は見事という他にありません。[/moveline]

犯人が嫌がる絶妙のタイミングで職務質問を仕掛けていきます…!

例えば、犯人が自分の家に帰ってきて、ほっとひと息ついているところへのこのこやってきて、犯人の家に上がり込み、お構いなしで質問を始めたりするんです。

エマ
仮に自分が犯人で追い詰められる立場だったら、とっても嫌だろうなぁ…。

逆切れして食い掛ってしまうかもしれない。
精神的にもたまったものじゃないですよね(><)

そういうところから、ドラマの中の犯人は、「よく1時間弱たえられるなぁ」と真面目に感心してしまいます。

[moveline color=”#afeeee” sec=”5″ thick=”40″ away=”2″]恐らく、[move]最初に関係者に会った段階で「こいつがホシだ」と睨んだコロンボは、自分の読みを裏付け、確証を得るための足場固めをしている[/move]のでしょう。[/moveline]

コロンボは、本当に「えげつない」奴

彼が、もし刑事ではなく、営業マンだったら、商品を買ってくれそうな相手先の担当者に目星を付け、犯人を追い詰めるのと同じように外堀を埋めて、自分の会社の商品を買ってもらうように誘導していくのではと思う。

外見から一見、冴えない営業マンに見られがちだが、凄腕のトップセールスを叩き出す営業マンになれるかもしれないなー。

相手の心を読み、心理戦に長けているので、何をやるにしても大きな失敗がなく、ひょうひょうとそつなくこなしていくのではないでしょうか。

コロンボにとことん追い詰められて自供する犯人たち

話を戻すが、この冴えない風貌と、何とも言えない語り口で相手を油断させ、徐々に相手の逃げ場を狭めていくコロンボの術中にはまり、最終的に犯人は自供していきます。

このドラマを観ていて、最後、追い詰められて精神的にも、肉体的にもボロボロになり、自供する犯人に、不思議と同情してしまう自分がいます。

[moveline color=”#afeeee” sec=”5″ thick=”40″ away=”2″]ここに出てくる[move]犯人は、根っからの悪党ではなく、殺すつもりはなかったものの、結果的に殺人になってしまったというケースが多い[/move]です。[/moveline]

それを容赦なく追い詰めるコロンボのある意味残酷さ、冷徹さがクローズアップその対比が観る者の興味を引くことも、このドラマが長年愛されてきた証なのでしょう。

根底にあるのは、人間の持つ「弱さ」「脆さ」「儚さ」など

たとえそれらが理由だとしても、悪事に手を染めることは決して許されないのだという不文律のようなものである気がする。

容赦なく、犯人を追い詰めるコロンボは「法の番人」であるのだ。

言い換えれば、法を犯す行為をした場合は、「決して逃げられるものではなく、どこかで法の裁きを受けることになる」ことになり、コロンボでなくても、他の誰かが正義の鉄槌を下すことになるのだと。

【日本の刑事ドラマ】田村正和さんが主演した「古畑任三郎」との共通性

冒頭で犯人が殺人を犯し、古原任三郎が目星をつけた犯人を追い詰めていくという同じ形式を取っていますよね。

このドラマは脚本家の三谷幸喜さんの作品だが、三谷さんも「刑事コロンボ」に一目置いていて、敬意を払っているのではないかと思う。

そうでなければ、売れっ子脚本家が、わざわざ40年以上前の海外ドラマの手法をオマージュしたりはしないですよね。

フォークが既に他界してしまったのは非常に残念

以前、日本のCMにも「刑事コロンボ」役で出演したことがあり、日本でも依然として知名度が高いですよね。

お笑いのコントや、ものまねでも、コロンボを模したネタを目にする機会があることから、ドラマ以上に、「刑事コロンボ」が日本人に浸透していることの裏返しでしょう。

そういった意味でも、魅力ある「刑事ドラマ」の1つであると言うことができるだろう。

あなたも、是非1度ご覧になってはいかがでしょうか?

U-NEXTなら「刑事コロンボ」が無料で観れる!

現在、刑事コロンボはU-NEXTの見放題ラインナップに入っています。

初回31日間無料なので、もしよかったらお試ししてみてください。
トライアル期間中に解約すればお金はかからないので、安心してくださいね!

コロンボ以外にも面白いドラマや映画がたくさん配信されてますよ^ – ^
>>刑事コロンボを無料で観る!U-NEXT公式サイト

\謎が謎を呼ぶ!/

あわせて読みたい
「ゲット・アウト 」感想。人種差別がテーマの新感覚ストーリー 2017年公開で、アメリカ社会での人種差別問題をテーマにしています。 ジャンルとしてはホラーですが、サスペンスでもありコメディ要素もあり、とにかく新感覚の映画でし...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

comment

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる