『約束のネバーランド』2期5話の感想とあらすじを書いてみました。

ついに5話。
ストーリーも中盤に突入!

目次

『約束のネバーランド』2期5話あらすじ

4話でミネルヴァは元々は農園の人間であり、子どもたちを逃がそうとしていたことがバレて追われる身なっていたことが明らかになりました。

エマたちはミネルウァが作ったシェルターにしばらく身を潜めていましたが、農園からの追手に襲撃を受けます。

間一髪で追手から逃れたエマたちでしたが、シェルターにいるのは危険だと判断し新たな隠れ家を探すべく旅を続けるのでした。

とある市場で人間の子どもの手を1本だけ購入する鬼たち

エマたちが脱走してから人間の出荷量が減ってしまい、人肉の価格が高騰したため良い肉は上級の鬼しか食べられなくなってしまったのです。

下級の鬼たちは腕や足といった安い肉を食べて生活していました。

エマたちはシェルターから逃げてしばらくの間、鬼が放棄した古い神殿に隠れていた

シェルターのように作物を育てることができないので、森で狩をしたり鬼に変装して市場で食糧を調達したりするのが日課になっていました。

子どもたちは少ない食料でも喜んで分けあい明るく振る舞っていましたが、エマはこうなってしまったのは自分のせいだと責任を感じていました。

そんなエマを見たレイは、皆が無事に生きていられるのはエマのおかげだと励ましてくれます。

そしてハウスの子どもたち全員で生き延びるための作戦をもう一度考えようと提案するのでした。

こうしてエマは希望を取り戻し、新たな決意を固めます。

トーマとラニオンが、自分たちも食糧調達に行きたいとエマとレイに頼む

小さな子どもを鬼のいる市場に連れていくのは危険だと渋るエマでしたが、ドンの後押しもあり一緒に市場へ行くことにしました。

そのとき、突然神殿の鐘が鳴り響き、鬼が侵入してきました。
が、その鬼は老人で視覚や嗅覚が衰えているのかエマたちに気がついていません。

彼は神殿に祈りを捧げにきたのでした。
その祈りの言葉から察するに「鬼は人間を食べないと退化する生き物で、困窮している鬼はどんどん衰えていく」ようです。

農園の食用児が逃げたので、鬼たちはこれまで以上に人肉を欲しています。
人間も鬼も、他の生き物の命をいただかないと生きていけないのです。

森で魚を調違したエマたちでしたが、この量では子どもたち全員に配れません。
そこでトーマとラニオンはさらに食料を手に入れるために市場に行こうと提案します。

鬼の市場には2人が見た事のないものがいっぱいあります。

興味深くあたりを見渡していたトーマとラニオン。
大きな鬼にぶつかってしまいます(>_<)

絶体絶命!鬼に正体を見破られる

上手く正体を誤魔化す2人でしたが、匂いで人間だと見破られてしまいます。
鬼はエマたちを捉えようとします。

皆は急いで逃げますが、神殿に帰ってしまっては他の子どもたちまで危険に晒すことになってしまいます。
かといってこのまま逃げていてもいずれは捕まってしまうのです。

そこで、エマとレイがおとりになっている隙に、ドンとギルダがトーマとラニオンを連れて神殿に戻る作戦を実行しました。

皆は神殿へ向かい、おとりの2人はなんとか鬼を巻くことに成功。
ですが、また別の鬼たちに見つかって包囲されてしまい…。

そこへさっき追いかけてきた鬼も合流しましたが、その時……!

ノーマン、どうして生きてるの!?

あわせて読みたい
- YouTube Auf YouTube findest du die angesagtesten Videos und Tracks. Außerdem kannst du eigene Inhalte hochladen und mit Freunden oder gleich der ganzen Welt teilen.

エマたちを取り囲んでいた鬼の1人が追いついてきた鬼を殺してしまいます。
慌てふためくエマとレイでしたがその鬼が仮面を外すと、2人は驚き泣きそうな顔で鬼の顔を見つめました。

2人の前に現れたのは、出荷され死んだハズのノーマンだったのです。

『約束のネバーランド』2期5話の感想

シェルターから逃けた際はどうなるかと思いましたが鬼の世界に溶け込んで生活するとは…!

シェルターから出るのはなんだかもったいない気もしてたけれど、鬼にバレないように衣食住を確保し生活するのはかなりスリルのある展開でドキドキしますね。

途中エマは自分を責めて折れかけますが、レイや周りの周りの力で気持ちを取り戻します。

年下メンバーに積極性が出てきて◎

最初はギルダやドンの活躍が目立っていましたが、外に出てからはトーマやラニオンといった年下のメンバーが率先して動くようになりました。

脱線して実に1年以上経っていますが、子どもたちは肉体的にも精神的にも成長しているようですね!

5話は、鬼の生態にもフィーチャーした回だった

当然ですが、鬼にも生活があり命があります。

人間を食べなければ退化して野良鬼になってしまうというは、エマたちにとっても当の鬼たちにとってもなんとも恐ろしいことですよね。

エマが狩りを教わったシーンでも命については言及されていました。
エマたちもそのことはわかっているので、複雑な気持ちもあるのでしょう。

エマ
そしてついに!
ノーマンと再会したのでした!

エマの泣きそうな顔にうるっと来ました。

なぜノーマンが生きていて鬼の世界で生活しているのかが気になるところです。

このあとノーマンは皆と合流するのか、また違う形で助けてくれるのか。
彼の行動が今後のカギになってきそう!

\鬼に食べられちゃう!?/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

comment

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる