『紅の豚』無料フル動画視聴する方法は?ハードボイルドな大人向けアニメ

1992年7月に公開されたアニメーション映画です。
ジブリの前作『魔女の宅急便』に続き、劇場公開アニメとしては当時、興行成績の日本記録を超えました。

空を飛ぶことにあこがれていた宮崎監督の夢が詰まった作品です。

それに加え、これまでは子どもたちのために製作していたアニメを中年男性に向けて製作するというという挑戦的な作品でもあります。

\『紅の豚』をレンタルする/

>>TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

今なら初回30日間無料トライアルできます。

目次

『紅の豚』あらすじ

第二次世界大戦後、敏腕飛行艇乗りのポルコは賞金稼ぎを生業としていました。
戦争や人間同士のいざこざを嫌う彼。

ポルコは自らに呪いをかけ豚の姿で生活

飛行艇に乗るポルコ

ある日ポルコは空賊が女学校の生徒を誘拐したという知らせを聞いて空賊を襲撃。
無事人質を助け出します。

その夜、亡くなった戦友の妻で古い友人のジーナが経営するホテルへ飲みにいきます。

ポルコを警戒するため空賊に雇われたカーチス

飛行艇乗りの彼は、美しいジーナに声をかけます。
カーチスは、空賊の敵でありジーナと親しいポルコを敵視していたのでした。

ポルコが愛機のメンテナンスのためミラノに行く途中、カーチスの襲撃に遭います。
命は助かったものの、愛機は壊れてしまいました。

ミラノに到着したポルコは修理を依頼

男の修理士は皆で払っており、社長の孫である少女フィオが修理を請け負うことになります。

その頃、ポルコの居場所がイタリア空軍にバレたという情報が耳に入ります。
身を守るため、ポルコはフィオと共にミラノから飛び立つことにしました。

庭にいるジーナの元にカーチスが訪れました。

カーチスのプロポーズをあっさり断るジーナ

彼女は庭にポルコが現れたら彼と一緒になろうと密かに決心していました。
ポルコはジーナの前を通りますが、庭に降り立つことはなくそのまま過ぎ去ってしまいます。

ポルコとフィオは身を潜めるためのアジトに到着

空軍

しかし待ち構えていたのは空賊連合!

ポルコを捉え飛行艇を破砕しようとする彼らに、フィオが立ちはだかります。
そこへカーチスが現れ、今度はフィオに一目惚れ。

そこで賭けを提案。
ポルコの勝利で飛行艇の修理費をカーチスが持ち、負けたらフィオを嫁にするとの内容。
こうして2人の決闘が行われることになります。

2人は激しい空中戦を繰り広げますが、弾が切れてしまったので殴り合いで決着をつけることにします。

ジーナはイタリア空軍がポルコの元に向かっていると聞き、決闘の会場へと急ぐ

彼女がついた時、満身創痍になった2人は海に落ちて沈んでしまいました。

しかし、ジーナの声を聞いたポルコが海面に顔を出し決闘に勝利します。

フィオはミラノへ帰ることに

帰り際、ポルコに口づけしたのでした。

その時ポルコの顔が変わっていることにカーチスが気づいたのでした。

数年後、フィオとジーナは親しくなり、ホテルでたびたび会う仲になりました。
ポルコはあれから姿を眩ませてしまいましたが、ジーナは彼が庭に降り立つ日を待ち続けています。

男のカッコよさとロマンが詰まった、自分らしく生きたいすべての人に向けた作品

ポルコ

ジブリ作品のなかでも大人向けといわれている本作

大人の恋愛要素にハードボイルドな空中戦や殴り合いの喧嘩という要素が加わるのですからもうロマンが大渋滞ですよね。

でもただハードボイルドなだけではなく…。

本作には、悪役らしい悪役は一人も出てこない

一応ヴィランはカーチスなのですが、彼はマルコ対策に雇われただけであり、後半は私情でマルコを一方的に敵視しています。

エマ
負けたら負けたであっさり身を引く正直かっこわるいやつなのですが、そこが憎めないんですよね(笑)

そんなカーチスがマルコの相手だったことで、マルコのかっこよさがより引き立っています。

ジーナは出会う男をすべて魅了してしまいますが、マルコもまた女性を虜にしている

まずはジーナ、そしてフィオです。

本作は男性に寄った作品であり、マルコの争いや人間のいざこざを嫌うカッコよさとカーチスとの勝負を中心に描かれています。
でもいずれも、女性なしでは成り立たないストーリーなのです。

メインヒロインであるジーナは夫を亡くした大人の女性で、女性らしく品があり男性を虜にするのもうなずける人物です。

一方でフィオは機械機器の知識に長けている変わったおてんば娘。
双方に違った魅力があり、当時にしては珍しい女性の在り方の多様性を感じさせてくれます。

ジーナとフィオの共通点は、「世間から少し外れている」こと

ジーナ

彼女はホテルの経営者であり、一見完璧な女性のように描かれていますが、彼女は飛行艇乗りの夫と3度結婚し、3度死別しています。

そのため、作中でもしきりにマルコの身を案じています。
愛する男性を3回も亡くしたジーナの心の傷は計り知れません。

ですから彼女は昔からよく知る友人にしか心を開いていないのでしょう。
こういったことからジーナは自ら世間を遠ざけているのだと思います。

フィオ

作中でも驚かれているように、当時では珍しい(というかありえない)女性の飛行機設計技師です。
勝気でタフな性格であり「女のくせに」と言われるようなキャラ。

実際この時代の女性が技術職に就くようなことはまずなく、フィオは異質な立ち位置だと言えます。

2人の女性の心を奪ったマルコもまた、世間の外れ者

軍隊を退役し自ら豚に姿を変えて賞金稼ぎをするなど、どういった考えからそうなるんだと誰もが思うはずです。

でも、そんな世間を気にしない生き方のマルコだからこそ、2人は惹かれていったのでしょう。

「カッコイイとは、こういうことさ」というキャッチコピーのとおり、彼のカッコよさは自由な生き方をする女性に希望を与えたのです。

宮崎駿監督は本作を「中年男性のための映画」と銘打ってますが、自分が自分らしく生きることを推奨されている現代では幅広い層に響く作品なのではないかと思います。

\『紅の豚』をレンタルする/

>>TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

今なら初回30日間無料トライアルできます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

comment

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる